読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古今東西、一宿一飯。

古今東西の食べ物、料理を、その土地で味わいたい! 自分で作って食べてみたい!

目の前で キラキラ光る 生しらす

こんにちは。さこりです。

食べたことのないものは、

試さずにはおられない性質です。

 

この夏またひとつ、

私の引き出しに、はじめての味が加わりました。

それが、江ノ島で食べた「生しらす」。

 

生しらすは、鮮度が大事。

海のそばじゃないと食べられないのはそういうわけで、

ならば「この機を逃してなるものか」と思いますよね。

 

ということで、

貪欲に、朝獲れと夕獲れを2回堪能。

 

こちら朝獲れは鎌倉駅そばの小町通りにて。

生しらす&釜揚げしらす丼

f:id:sakolishu:20161004103815j:plain


こちらが夕獲れ。江ノ島にて。

お米ナシできらめく生しらすだけを思いっきり。

f:id:sakolishu:20161004103829j:plain


そもそも、しらすって

イワシやいかなご、うなぎなどの

稚魚全般(白い稚魚)を指すらしいのだけれど、

私が食べたのは、いわしの稚魚。

 

旬は4〜5月と、ちょうど私が食べた7月。

そして、ただいま、10月も旬なのだって。

秋のしらすは脂がのった甘みを楽しめるらしい!

(春の初鰹、秋の戻り鰹と同じ感じなのかな)

 

脂ののった秋の生しらす……

脂ののった…