読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古今東西、一宿一飯。

古今東西の食べ物、料理を、その土地で味わいたい! 自分で作って食べてみたい!

世界街道をゆく:中国(西安~蘭州)、第7日目

shulink

こんにちは、shulinkです。

 

中国旅行記も、いよいよ7日目です。

 

07:00 起床

   この日も体調不良で朝食べれず・・・

09:00 ホテル出発

   劉家峡(りゅうかきょう)ダムへ移動

   このダムは黄河をせきとめて造られたそうだ。

10:30~11:30 ボート(写真手前中央の10人乗りくらい)で、

   このダム(黄河)を遡(さかのぼ)り、

f:id:sakolishu:20161116220551j:plain

   途中、氷が張っているところも突き進み、

f:id:sakolishu:20161116220648j:plain

   黄河北岸に造られた炳霊寺石窟に到着。

f:id:sakolishu:20161116220858j:plain

   かつてのシルクロードの渡し場近くに

   造営された石窟寺院で、

   「炳霊」とはチベット語で「十万仏」を意味し、

   石窟が約200窟、仏像が約700体、岸壁

   沿いに残されているそうだ。

12:00~14:30 炳霊寺石窟を見学

   いきなり、高さ27mの大仏!

f:id:sakolishu:20161116221530j:plain

   さらに近付くと、

f:id:sakolishu:20161116221849j:plain

   とにかく、デカイぃ~

   そして、写真左側にある、階段を登って、

   特別拝観窟を見学し、この石窟専門の

   ガイド(研究員)の話を聞く。

   階段はこんな感じ・・・

f:id:sakolishu:20161116222309j:plain

   また、下に降りて、岸壁の仏像を見て歩くと、

   今までに見たことないタイプの仏像があった。

f:id:sakolishu:20161116223258j:plain

   そして、こちらは、両脇に、

   花と水瓶を持った女性的な仏像もありました。

   こういうタイプは今回、よく壁画でも見かけました。

f:id:sakolishu:20161116224039j:plain

   さらに、まったく別の、異国情緒あふれる?

   インド的(勝手なイメージですが・・・)な壁画も!

f:id:sakolishu:20161116224259j:plain

   本日の石窟は、今回の旅では、最西端に

   位置する場所なので、仏教や仏像が伝わった

   頃を色濃く残しているのでしょうか?

   さらに、西へ向かえば、もっと原始的な

   仏教のイメージと出会えるかもしれませんね。

   これからの旅が楽しみです。

   さて、今回のツアーでは、本日で、石窟や

   観光地を訪れるのは最後になりました。

   最後なので、風景写真をいくつか・・・

f:id:sakolishu:20161116225218j:plain

   午後は晴れてきて、遡ってきたダムも穏やかです。

f:id:sakolishu:20161116225331j:plain

   そして、日差しが柔らかい・・・

f:id:sakolishu:20161116225408j:plain

14:30~15:30 ボートでダムを戻って

15:30~17:00 甘粛(かんしゅく)省蘭州(らんしゅう)市に戻る

18:00~20:00 ホテル内レストランで夕食

      この日は、なぜか、ガイドさんとサシで話しました。

 

後半は、ずーと体調が悪かったのですが、

ツアーも終わって、日本に戻る頃には、

もう少し旅を続けたいなあ~と感じていました。

 

次は、いよいよ最終日!

つつ・・く~