読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古今東西、一宿一飯。

古今東西の食べ物、料理を、その土地で味わいたい! 自分で作って食べてみたい!

「日当たりのいい部屋」じゃないとイヤなのだ

さこり 街・村、建築

こんにちは。さこりです。

 

定期的なリセット願望なのか

大学進学を機に実家を出てから以降、

引っ越した回数は、実に6回。

 

引っ越しで外せない条件は?

と聞かれると即答できる。

それは「日当たりの良さ」。

 

なぜなら、

20代半ばの、仕事も日々も袋小路だった

悩みまみれの時代に住んでいた場所が

これまた真っ暗な6畳ワンルームだったから。

きっとフィルム好きのカメラマンなら

「現像の暗室にぴったり!」と喜ぶレベル。

(ちなみに家賃は私史上、最安)

 

だから、日当たりを求めるのは

間違いなくその反動ではあるのだけど、

「歴史からじゃなく経験から学ぶ」タイプの“愚者”な私は

そんなうだつの上がらない、

隅から隅までどうしようもない毎日を

過ごせたなんてラッキーだったなと思っています。

なにより、自分で選んだ環境だったし。

 

その時代に戻りたいという気持ちはは全くないけれど、

いつでも当時の生活レベルには落とせるぞ、

という自信はあります。

 

そして、しんどいことがあっても

「逆におもしろいわ」と

方向転換できる癖がついたかもしれない。

 

だから、これからも当分、

“愚者”はやめられなさそう。