読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古今東西、一宿一飯。

古今東西の食べ物、料理を、その土地で味わいたい! 自分で作って食べてみたい!

週末は家でアヒージョ三昧(4)

こんにちは。さこりです。

 

先週末も、我が家は「宅アヒージョ」。

土曜はこちら…

isshukuippan.hatenablog.jp

で、どシンプルな「大根アヒージョ」を。

 

では日曜は?

この日も単品で…食材は、『卵』!

 

これもまたshulinkさんの発案。

「卵入れてみたら美味しそうじゃない?」ということで、

いったいどうなる??想像つきません。

ということで、レッツ・トライです。

 

さて、卵は3つ溶いて、

塩とミックスハーブで調味。

f:id:sakolishu:20170131230002j:plain

あとはいつものように、

鍋の内側にニンニクの切り口を塗りつけてから

スライスニンニクとオイルを入れて

ぶくぶくっと泡が立ってきたら…

卵を投入!

f:id:sakolishu:20170131230020j:plain

プックーっと膨らみながら

あっという間に卵に火が通った!

f:id:sakolishu:20170131230035j:plain

フワトロが好みなので、

ここで、すかさず火を止めます。

 

はい、出来上がり!

f:id:sakolishu:20170131230121j:plain

中央はふわふわ、周辺は焼き目がついて

おいしい一皿に。これは発明かも(おそらく?!)。

 

定番にしたい、またきっとリピートするにちがいない

「宅アヒージョ」が生まれました。

 

ちなみに今回は、

東京駅の地下にあるブルディガラで

バゲットとライ麦パンを購入してきたのです。

f:id:sakolishu:20170131230216j:plain

やっぱり、おいしいバゲットは

パリッと焼けた皮が香ばしくてたまらない。

ライ麦パンのほうも、ずっしり重量感があり、酸味も効いた本格派。

 

これにオイルを染み込ませたり

卵をのせて食べたりしながら楽しみました。

 

ちなみに、

卵を入れる場合は、オイルの量にご注意を!

溢れて引火したら危険なので。

ふつうのアヒージョは具を入れながら油を管理できるけど

こちらは溶き卵だからそこは注意しないとですっ。

 

さてさて、

次は何アヒージョを試してみようかなー!