古今東西、一宿一飯。

古今東西の食べ物、料理を、その土地で味わいたい! 自分で作って食べてみたい!

シャングリ・ラ ホテルでアフタヌーンティ(2)

こんにちは、shulinkです。

 

昨日の記事で、

isshukuippan.hatenablog.jp

さこりさんが書いてましたが、

先月、一緒にアフタヌーンティへ行ってきました。

さこりさんは何回も行っているようですが、

ボクは初めてなので、かなりドキドキ・・・

 

こんな景色を眺めながら

f:id:sakolishu:20170217072526j:plain

 

優雅にスコーンをいただく。

こんなに本格的なものは初めて!

f:id:sakolishu:20170217072606j:plain

クリームやジャムをつけて、

f:id:sakolishu:20170217072635j:plain

写真左から、

クロテッドクリーム

・いちごジャム

・ゆずカード

・はちみつ

 

アフタヌーンティがとても気に入ったので、

関連する、以下の本2冊、読みました。

f:id:sakolishu:20170219145642j:plain

 

イギリスのカフェでは、

アフタヌーンティよりも、もっと手軽に、

クリームティというものがあって、

紅茶に生クリームやアイスクリームを

添える飲み物のことではなくて、

スコーン2,3個とクロテッドクリーム

ジャムが食べれて、ポットサービスの紅茶

が楽しめるメニューです。

これもいいですね~

 

それから、特にクロテッドクリーム

気に入りました!

本の写真とか見ると、

本場では、クロテッドクリーム

とにかく山盛りで、うまそう~

 

意外に酪農が盛んなイギリスで作られる、

クロテッドクリームは季節によって、味

が変わるそうです。それは、牛が食べる

ものが季節によって違うから、牛乳も味が

違って、それで違うクリームができるようです。

 

クロテッドクリーム(乳脂肪分約60%)は、

牛乳1リットルからは60~80グラムしか

採れないようです。

 

クロテッドクリームは家庭でも

作ることができるようで、

作り方は、

生クリーム(脂肪分40%以上)1リットルを

湯せん(80℃)して、上澄みをすくうとできる

そうです、150~200グラムくらい。

 

ということは、

バター(脂肪分約80%)と生クリームを混ぜれば、

クロテッドクリームができる?

今度、やってみよう!

 

昨日の記事で、

さこりさんが、「どえらい計画」と書いてましたが、

何か?というと、

秋にイギリスへ研修旅行することです。

単なる観光ではなく、研修なので、

旅費はすべて経費ですよ~

 

あくまで、研修なので、

それまで、渡英経験のある、さこりさんに、

(ついでに、渡欧経験もあるそうです)

ご指導を仰ぎながら、英国研究をしていきたい

と考えております。

 

ボクのテーマとしては、こんな感じですかね。

 ・かつての大英帝国の現在

 ・スコットランドの独立問題

 ・ボストン茶会事件とかアヘン戦争とか

 ・イギリスで生まれた文学作品の紹介

 ・それから、なんと言ってもクロテッドクリーム

 

研修に向けて、頑張りますっ!

 

では、また~