読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古今東西、一宿一飯。

古今東西の食べ物、料理を、その土地で味わいたい! 自分で作って食べてみたい!

啓蟄(けいちつ)や はじまりの時 訪れる

こんにちは、shulinkです。

 

ブログを書くようになってから、

二十四節気(にじゅうしせっき)を

気にするようになりました。

そして、 本日は啓蟄(けいちつ)。

冬籠りの虫が這い出るという意味で、

何か始まりそうな感じがします。

 

f:id:sakolishu:20170305145543j:image

這い出して、f:id:sakolishu:20170305145554j:image

歩き出す。

 

写真は、江戸東京たてもの園の、

マスコットキャラクター「えどまる」で、

宮崎駿がデザインしたものです。

この施設は、東京都小金井市の公園内にあり、

江戸時代から昭和初期にかけての建物が建ち

並んでいます。数年前に行きましたが、

学芸員さんが説明してくれるのがいいですね。

2001年公開の映画「千と千尋の神隠し」に

登場する建物のモデルになったものもあります。

 

昨年11月に放送された、

NHKスペシャル「終わらない人」という

番組の最後の方で、

宮崎駿が「毛虫のボロ」という長編映画を

企画しているとありました。

2019年公開の予定らしいです。

楽しみですね〜

 

かつて、映画「もののけ姫」を公開した時の

インタビューでも語ってました。

NHKトップランナーという番組でした。

1997年だから、ちょうど20年前ですね。

「もうひとつ、自分の気に入った企画があって、

 (「もののけ姫」と)どちらをやるかということで、

 かなり揺れ動いたんですけどね。

 ・・・

 小さな毛虫の話です、

 前から作りたいと思っている。

 長さが1.5ミリぐらいの。

 その毛虫たちの時間で世界を描こうと。

 雨粒なんかも、ひゅーと落ちてくるんではなくて、

 こんな大きな水粒が、フニャフニャ〜と落っこちてくる

 のが見える世界でね。

 ・・・

 それは今でも作りたいと思っているんですが。」

この企画を20年後に実現しようとしているようです。

スゴイ執念ですね〜

 

虫といえば、ナウシカの蟲ですね。

 1984年公開の映画「風の谷のナウシカ」の

続編が庵野秀明によって作られる!?と話題になった

ことがありましたが、あれ、どーなったんでしょうね〜

それも観てみたいです。

 

明日は月曜、

また一週間が始まります。

虫たちと一緒に、トボトボと

仕事に出掛けるかぁ〜

 

では、また〜