読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古今東西、一宿一飯。

古今東西の食べ物、料理を、その土地で味わいたい! 自分で作って食べてみたい!

神保町の「ビストロアリゴ」で、骨太なフレンチ

shulink 異国料理

こんにちは、shulinkです。

 

先週、ずぅーと行きたいと思ってた、

フレンチレストランで食べてきました。

 

フレンチといっても、

古民家を改装した純和風の店構えで、

最初、気付かず、通り過ぎてしまいました・・・

f:id:sakolishu:20170305131358j:plain

壁にメニューがありました。

そして、奥に入ると、

f:id:sakolishu:20170305131422j:plain

こちらが入口になってました。

そして、2階に通され、畳敷きの和室で、

ワイワイガヤガヤと賑やかな空間で、

なんとも不思議な感じでした~

 

まずは、アリゴの「アリゴ」と、

お通しのバゲット

f:id:sakolishu:20170305131442j:plain

この店名にもなっている、

アリゴとは、マッシュポテトに

たっぷりのチーズを練り込んだもの。

フランスのオーヴェルニュ地方は、

美味しいチーズの産地で、それを

使った郷土料理だそうです。

本場では、チーズがかなり入っているので、

よく伸びて、ねっとりした口当たりのようです。

このお店では、マッシュポテト感の方が

強かったですね。

このアリゴが一番の楽しみで、

ずぅーと食べたかったものなのです。

フランスの田舎の食堂とかに行くと、

このアリゴがまず、大きな皿にどどーんと盛られて

出てきて、食べ放題と聞いたことがあるんだけど、

本当かな?

それくらい、よく食べられるものということは

確からしいです。

 

キャロットラペ

f:id:sakolishu:20170305131607j:plain

 

パテ・ド・カンパーニュ

f:id:sakolishu:20170305131639j:plain

 

肉ポテトサラダ

f:id:sakolishu:20170305131654j:plain

 

野菜のオーブン蒸し焼き

f:id:sakolishu:20170305131734j:plain

他の料理に比べ、

かなり、あっさりとした味付けでした。

 

アリゴのオムレット

f:id:sakolishu:20170305131833j:plain

サワークリームを添えて

f:id:sakolishu:20170305131813j:plain

 

アリゴのカスレ

f:id:sakolishu:20170310010416j:plain

フランス南西部の豆料理です。

様々な肉と白インゲンマメを長時間煮込んで

作るシチューのようなものです。

さらに、極太ソーセージも入ってました。

 

料理は、全体的に田舎風の濃い味付けで、

気取ったところのないのが良かったです。

(小洒落たフレンチって行ったことないけど)

このお店のキャッチコピーのとおり、

骨太なフレンチでした!

39~

アリゴとう!

 

では、また~