古今東西、一宿一飯。

古今東西の食べ物、料理を、その土地で味わいたい! 自分で作って食べてみたい!

自宅で、クリームティ(3)クロテッドクリーム手作り~

こんにちは、shulinkです。

 

先日、またまた、自宅で、

クリームティをしました。

今回は、クロテッドクリーム

手作りしてみました!

 

前々回は、クロテッドクリーム

買ったのですが、量が少なくて、

物足りなかったので、もっと

いっぱい食べたいと思って、

手作りしようと心に決めていたのです。

大げさ?

isshukuippan.hatenablog.jp

 

さて、まずは材料は?

f:id:sakolishu:20170326204730j:plain

生クリーム(乳脂肪分47%)のみ!

他に混ぜものなしですよ~

 

この生クリーム(200ミリリットル、418円)

を500ミリリットル入る容器に注ぎ、

f:id:sakolishu:20170326204743j:plain

 

蓋をします。

f:id:sakolishu:20170326204807j:plain

そして、この容器を

シャカシャカと上下に振ります。

バーテンダーがするように優雅に

振る必要はないです。

でも、あまり激しくせず、

優しく優しく。

 

振り続けること、5分ほどで、

f:id:sakolishu:20170326204827j:plain

このように、ホイップクリーム状に

なります。ここで、ちょっと味見。

これだけでも、美味しい!

 

そして、さらに振り続けること、

10~15分で、

f:id:sakolishu:20170326204840j:plain

スプーンをクリームに突き刺しても、

立つくらいに固まりました!

一部始終を見ていた、さこりさん、

大・興・奮です!

 

さっそく食べましょう~

今回用意しましたのは、

オートケーキ(Oatcake)

f:id:sakolishu:20170326204904j:plain

ほとんど甘くない、

イギリスのビスケット(クッキー)です。

 

それと、スコーン(写真左)!

f:id:sakolishu:20170326204944j:plain

こちらは、ほんのり甘く、

しかも、しっとりした食感でした。

前回は、中味が少しポロポロとする

感じだったので、これを見つけること

ができて、満足です。

 

そして、まず、

このスコーンを半分に割って、

たっぷりとクロテッドクリーム

つけます、もりもりと。

f:id:sakolishu:20170326204957j:plain

これです、これです!

これがやりたかったのです。

このたっぷりのクリーム、

大・満・足です!

 

オートケーキの方にも

クロテッドクリームをのせて、

f:id:sakolishu:20170326205010j:plain

この見た目、いいですね~

「クラスト」と呼ばれる黄色の膜は

ないけど、クリームの濃密さは、

買ったモノと比べても遜色ありません。

好みにもよりますが、ボクは、この

手作りクロテッドクリームの方が好きかも、

自分で作ったということも含めて。

 

いや~苦労した甲斐がありましたぁ~

いや、そんなに苦労してないですよ。

生クリームを買ってきて、ただ振っただけで、

できるのですから。安上がりですし。

 

春、何か始めるのに、いい季節ですよね。

今後も、手作りを取り入れていきたいです。

 

これからも、ボクたちの英国研究は、

つつ・・く~