古今東西、一宿一飯。

古今東西の食べ物、料理を、その土地で味わいたい! 自分で作って食べてみたい!

2023年の満喫を振り返る

こんにちは。さこりです。

 

今年の満喫を振り返ります。

 

1月、水信フルーツパーラーにて、

念願のオーシャンベリーパフェ!

さらに、いちごサンドウィッチ

さらに、いちごのパンナコッタ

なんと、さらに、ガトーショコラ~

 

2月、JOYSOUNDの期間限定「山手線ルーム」

 

2月、アトリエうかいのクッキー缶

 

2月、銀座ライオンにて、アイスバイン、どっす~ん

 

2月、ザッハトルテなどケーキ三昧

 

3月、出前寿司&うな重

 

6月、東京ディズニーシーにて

 

10月、元住吉のカフェにて

 

12月、冬はやっぱり酒粕

酒粕はそのまま食べてもおいしい - 古今東西、一宿一飯。 (hatenablog.jp)

 

12月、豊洲の「ロイヤルガーデンカフェ&タバーン」にてサーモンフライバーガー

別の日にスペアリブを食べたけど、これが1ポンド(約500g)あって、びっくり~

こちらも、どっす~ん!

 

12月、さらに浮かれ騒いで、ビフテキ

 

12月、シュトーレン

12月のケーキはやっぱり、崩れず長持ちするのに限りますね~

 

来年も、どうか満喫ができますように、ナムナム~

 

夢の国旅行記(1)東京ディズニーシー&ホテルミラコスタ

こんにちは、shulinkです。

 

今年6月に、初めて東京ディズニーシーに行きました。

 

ディズニーリゾートラインに乗って、

ミラコスタ連絡改札から入ると、

 

そこは夢の入り口、

中世イタリアの街並みが広がっていました。

 

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」にチェックイン

 

まずはチュロス!ということで、、、

 

次に、エレクトリックレールウェイ(電車)に乗ります。

先頭に乗れました~

 

次は、トランジットスチーマーライン(遊覧船)

ディズニーシー内をぐるっと見て回れました。

 

ホテルの部屋で、ちょっと休憩。。。

 

まわれまわれ~メリーゴーランド

暗くなるまで遊んで、最後に夜のショーも見て、ホテルの部屋に戻りました。

 

深夜25時頃、ホテルの部屋から外を眺めると、、、

まさに、ヴェネツィアの夜景!行ったことないけど、、、

 

翌朝7時頃、

朝日を浴び、静寂に包まれた、運河沿いの街並み

 

翌朝8時半頃、夢の開演前~

ホテルミラコスタ地中海料理レストラン「オチェーアノ」にて朝食ブッフェ~

 

ホテルの部屋に戻ると、

夢のゴンドラが動いていた。乗ってみたいです。

 

お昼12時にチェックアウトして、

 

そして、ディズニーリゾートラインに乗って、

名残惜しいので、1周して、帰りました。

 

夢から覚めたら、、、また、次の夢を見ればいいのです。

夢は、つつ・・く~

 

アフタヌーンティー@赤坂プリンスクラシックハウス

こんにちは、shulinkです。

 

先月末、赤坂プリンス クラシックハウスにて、アフタヌーンティー

をしてきました。昨年のナウい言葉で言えば、「ヌン活」です。

 

巨大なトナカイがいた。。。

 

赤坂プリンス クラシックハウス外観

 

内観

 

クリスマス仕様のアフタヌーンティーの三段スタンド

 

そして、三段スタンドとは別に、セイボリー

穀物と蓮根のサラダ

・オマール海老のココット

・パストラミビーフのサンドウィッチ

 

追加注文した、トリュフポテト

量がめっちゃ多かったぁ~

 

こちらも、追加注文したスコーン

 

三段スタンド上段のスイーツ

エクレール・ピスターシュ

・キャラメルサレ ガナッシュサンド

・苺のヴェリーヌ マルコポーロルージュ

 

三段スタンド中段スイーツ

・ムース・ア・ラ・ベリー

・オペラ

モンテビアンコ

 

三段スタンド下段スイーツ

ふじと紅玉のアップルパイ ベリーソース

どっしりとして、酸味が効いていて、美味しかったです。

 

どれもこれも、美味しくて、優雅な気分になりました。

 

では、また~

 

一汁合菜でよいという提案

こんにちは、shulinkです。

 

普段の夕食は、お肉の入った野菜煮です。

例えば、鶏手羽元野菜スープなら、以下のように作ります。

1.冷凍の鶏手羽元をフライパンに入れる(左上)

2.塩を適量、水を適量入れ、強火で煮ていきます(右上)

3.人参や玉ねぎを足していき、(左下)

4.さらに、キャベツとえのきを入れ、煮ていきます(右下)

 

出来たら、フライパンのままテーブルに載せて、

お椀に取り分けて、食べます。

お肉も野菜も、一切合切(いっさいがっさい)入れて、煮るだけで簡単です。

お肉で出汁が取れて、しかも、野菜もいっぱい食べれて健康的です。

 

普段の夕食は、この野菜煮で、ご飯を食べれば、十分ではないでしょうか?

汁に菜を合わせた、この形式を「一汁合菜」と呼びたいと思います。

「いちじゅうごうさい」ではなく、「いちじゅうがっさい」と読みます。

健康や生活費を稼ぐための仕事も含め、普段の生活は、何事も簡素に簡素に、

を心掛け、自分の研究に没頭していきたいと思います。

 

では、また~

 

あの満喫をなぞって

朝の腹を満たす霜降り肉

焼き立てパンにじゅわっとバターがしみ込む

誰もいない私だけの部屋で聞こえた言葉は

「美味しい」

 

夢の中で見えたゴハンのこと

けだるい朝、チーズと、並ぶ肉が二つ

最後のお菓子が口に入って消えたら

それを合図に

 

いつも通りの朝に

いつもどおりのメシのうまさ

思わず目を逸らしてしまったのは

あーあ、どうやったって忘れられない高カロリー

今もずっと響いてるから

 

あー夜も食べて夢の先へ

辿り着きたい満喫へ

本当に?あの肉が、本当に?って今も

不安になってしまうけどきっと

あー今も食べて明日も食べて

お肉だけの場所へ

もうちょっと

どうか変わらないで

もうちょっと

昨日からの重さ

でもお菓子も食べているよ

 

誰も知らない

私だけの夜

待ち焦がれていたお肉をむさぼる

口の中でじゅわっと今つながる様に開く満喫

君とここでほらあの肉をなぞる

 

見上げた空を風見鶏が今照り焼きチキン

あーそうずっとこのポークのために

そうきっとほら二つのビーフが今重なり合う

 

あー夜の中で君と二人

飲み過ぎた夜に

大丈夫体重はきっと大丈夫落ちる

あの日飲んだ夜も

あー今も飲んで明日も飲んで

また出会えたお酒

もうちょっと

どうか終わらないで

もうちょっとほら最後のお酒が今

私を包む

ほろ酔いの夜に響いた

「ういぃ~」