読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古今東西、一宿一飯。

古今東西の食べ物、料理を、その土地で味わいたい! 自分で作って食べてみたい!

雨桜 君を見送る 傘の下

こんにちは、shulinkです。

 

最近、暖かくなって、

桜も満開になりましたが、

週末は、雨も降って、風も強かったですね~

これで、桜も散ってしまうのかな?

来週末までもつだろうか。

 

今年の花見は天気が悪く、大変そうでした。

特に、野外で宴会する人たちにとっては。

ボクは、花見は苦手なのですが、

というのは、花と団子は別々に楽しみたいので、

両方を楽しもうとすると、片方が疎かになって

しまったり、片方が気になってしまったり、

いずれにも集中できないのです。

ま〜不器用な人間です・・・

 

では、今週の桜を振り返ってみましょう。

 

4月6日(木)満開

f:id:sakolishu:20170409163846j:image

 

4月5日(水)夜桜

f:id:sakolishu:20170409163725j:image

 

4月9日(日)雨が降りしきる中で

f:id:sakolishu:20170409163733j:image

 

桜は散り際が一番美しいと思っていて、

桜の花びらが舞っているのを撮ってみたいです。

 

さて、タイトルについてですが、

別れをイメージしています。

3月の卒業の頃を、桜が散る時に改めて、

思い出したということですね。

それから、お気に入りの映画のワンシーンからも

インスピレーションを受けてます。

卒業式とかって、行事として、ワイワイガヤガヤ

しながら、なんとなく過ぎてしまうけれど、後々

になって、ふと一人の時に、寂しさを実感すると

いう感じでしょうか?

 

さて、入学式のシーズンですが、

ボクは、受験が終わって、大学に入学した

頃を今でも懐かしく思い出します。

目の前が、ぱぁーと明るくなって、

気分も晴れやかになったことが強烈な

印象として残っています。

 

近々、人工知能(AI)について書こうと

思っていて、そのために、今日、なにげに

学生時代の授業のノートを見返していたら、

これまた、たまらなく懐かしいぃ〜

この記事については、シリーズで書きたい

と思っていて、まずは、オリエンテーション

から始めましょう〜とりあえず予告だけ・・・

 

では、また~