読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古今東西、一宿一飯。

古今東西の食べ物、料理を、その土地で味わいたい! 自分で作って食べてみたい!

ボストン旅行記(2)MIT、Minsky's lecture

こんにちは、shulinkです。

 

ボストン旅行記の続きです。

 

理科系で世界最高の大学と言われる、

マサチューセッツ工科大学(MIT)を

見ておきたいと思っていたので、行ってきました。

f:id:sakolishu:20170317073415j:plain

 

MITのシンボル的な建物を正面から見ると

f:id:sakolishu:20170317074312j:plain

 

最初に、入学希望者向けの学内を案内するツアー

があって、それに参加しました。

 

それから、今回の旅行の一番の目的である、

マーヴィン・ミンスキー教授の講義を聴くこと。

当時の、人工知能研究の第一人者です。

行く前に、講義を聴きたいと教授にメールを

出したところ、

「You are certainly welcome.」

とすぐに返信が来ました。

これほどの大物でも、メールに返信するのか!

と驚き、感激した覚えがあります。

講義の内容は、教授の主著である、

「心の社会(The Soiety of Mind)」に関するもの。

以前の記事も読んでみてください。

isshukuippan.hatenablog.jp

講義は、学生からの質問に答える形で進めていました。

この時のテーマは「思考と感情」。

機械が、痛みとか、空腹とかを感じることができるか?

自動販売機はジュースがなくなったら、

 腹が減ったと思うか?」

などという討論をしてました。

 

念願だった目的が達成できました!

 

つつ・・く~