古今東西、一宿一飯。

古今東西の食べ物、料理を、その土地で味わいたい! 自分で作って食べてみたい!

映画「おクジラさま〜ふたつの正義の物語」を観て考えたこと

こんにちは、shulinkです。

 

先日、ユーロスペースという映画館で、

「おクジラさま〜ふたつの正義の物語」

を観てきました。

f:id:sakolishu:20171006140005j:image

 

関係ないけど、

この映画館がある、渋谷の円山町は、

ライブハウスやクラブがたくさんある

場所で、昔よくライブを観に来てた

ことがあって、久々に来たので、

なんか懐かしい気分になりました。

 

さて、映画のことを語る前に、

自分の立場をはっきりさせると、

自分は、クジラ料理を美味しいと感じ、

もっと食べたいと思っている人間です。

なので、

期待していた、クジラ料理があまり出て

こなかったのが残念です。

クジラが獲れる町では、どんな料理を

食べているのかを一番に観たかったん

ですが。。。

 

サブタイトルに「ふたつの正義の物語」と

ありますが、全然中立じゃないように感じ

ました。明らかに太地町側に有利に見える。

反捕鯨団体太地町に嫌がらせをしている

ように見える。

 

なぜ、そんなに、クジラを食べる必要が

あるのかが、よく分からない。

一部のクジラ愛好家にしか受け入れられて

いないのでは説得力がないと思う。

政治的な発言をするつもりはないですが、

クジラ料理を食べることは、もうそれは

捕鯨賛成の立場なんですね。

 

漁師たちは、クジラを獲ることが生活

だから分かるけど、

捕鯨活動をしている人たちの本音が

分からないです。どうしても、その活動

をしなければならない、切実な何かって

なんだろうか?いっときの、憐れみの

感情で行動しているだけに見えます。

映画の最後には、反捕鯨団体のリーダー

クラスの親子は、団体を退会していて、

その活動をする必要はなかったわけだし。

 

なぜ、日本は他の捕鯨国(ノルウェーとか)

と連携しないのだろうか?

映画では、反捕鯨団体のデモの様子も映さ

れていましたが、そこで、日本に対する

バッシングだけじゃなく、同様にクジラを

食べている、中国やロシア、トルコに対する

抗議もありました。そういう国々にクジラ

を輸出して、味方にしたらいいのにと思う。

世界3大料理のうち2つ(中華とトルコ)が

美味しいと受け入れているわけだから。

 

映画の中盤、

太地町側と反捕鯨団体との公開討論会

ありました。

太地町町長以下、役所の人たちの

毅然とした態度が、

特に、町長の発言が素晴らしいです。

「あなたたち(反捕鯨団体)が太地町

 住民になってから、発言したり、

 お手伝いをお願いします。」

まさに、地域を守る政治家の発言だと思う。

 

よく日本側が主張する、古来の文化だから

云々というのは、無条件に正しいことは

なくて、

これはグローバリズムナショナリズム

との争いだから、何か外国から受け入れよう

とすれば、その国の価値観も一緒に入って

きて、争いの種になることは必然だと思う。

 

それから、クジラを食べることは、

健康問題でもあります。

クジラに含まれる、水銀などの重金属

が基準値を超えるのか?と議論していた

けど、これって、科学的な態度じゃない

と思う。他の魚や肉類と比べて、どれだけ

汚染されているのか?さらに、他の毒物

食品添加物と比較して、どれほど、

人体に悪影響があるのかという調査を

しないと、結局分からないと思う。

個人的には、生活習慣病ほど悪影響

はないと思っているけど。

何か特定の食品を槍玉に挙げて、

それを悪者にするというのは、

なんか違うし、健康に良いこともない

と思う。健康は習慣の積み重ねですから、

いい意味でも、悪い意味でも。

 

正義というのは、つくづく厄介な代物です。

正義は、国の数、団体の数、果ては、人の数

だけ出てくるものですから、それらが個別に

主張したり、ぶつかったりしたら、争いは

絶えません。だからこそ、取引と交渉をして、

なあなあにするしかない。要するに、世界が

狭くなったんだから、隣人が気に食わなくても

お互い我慢しましょうということしかないん

じゃないかと思います。

 

明日から、関西へ旅行します。

この映画に出てきた、太地町にも行きます。

もちろん、クジラ料理も食べる予定です。

この雨また強くなるようですが、止むかな?

 

では、また〜

 

世界街道をゆく:英国(9)ロンドン・ヒースロー空港から帰国

こんにちは、shulinkです。

 

英国旅行記の続きですが、

今回で最後です。

 

9/2(土)16時頃、

バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)

での観光を終えて、地下鉄(Circle line)で

Victoria StationからPaddington Stationへ

今朝まで泊まっていた駅直結のホテルで、

預けた荷物を受け取り、

Paddington Stationからヒースロー空港(Heathrow Airport)

へ向かいます。

f:id:sakolishu:20171006105017j:plain

急行列車ヒースロー・エクスプレスに乗って、

f:id:sakolishu:20171006105034j:plain

途中、ヒースロー・セントラル駅で乗り換えて、

ヒースロー空港のターミナル4に到着

 

まず、搭乗手続き、

航空会社のカウンターは長蛇の列。

でも、預ける荷物はなくて、手荷物のみなので、

発券機で自動チェックイン〜

ほとんど使ってないので、スムーズでした。

そして、出国手続きを済ませ、

搭乗時間まで余裕があったので、

最後に、空港内のパブで飲みましたー

 

いよいよ英国出国です。

帰りはエールフランス航空(Air France)です。

飛行予定はこんな感じ、

 ロンドン 出発20:10(英国時間)

 パリ   到着22:20(フランス時間)

 →飛行時間=1時間10分

 パリ   出発23:25(フランス時間)

 羽田   到着18:20(日本時間9/3)

 →飛行時間=11時間55分

 

こちら、乗り換えをした、

フランス・パリ(Paris)の

シャルルドゴール空港(Charles De Gaulle Airport)

f:id:sakolishu:20171006105050j:plain

この空港で、ちょっとした事件が起きました。

ロンドンで買った瓶詰めの生アーモンドバターが

手荷物検査で引っ掛かり、目の前で捨てられました!

えー!

せめて、ひと口食べてからと思いましたが。。。

液体はダメだかららしいです。

ロンドンのヒースロー空港では通り抜けられたのにー

ならばロンドンから直通便で帰国すれば良かった。。。

 

さて、パリからの大まかな飛行ルートです。

f:id:sakolishu:20171006105109j:plain

日本近辺の飛行ルートです。

f:id:sakolishu:20171006105127j:plain

長時間のフライトも終わり、

やっと帰ってきましたー

無事に帰国できて、良かったです。

 

食べ歩きレポートは、そのうち、

さこりさんが書いてくれるでしょう。

ボクも、今までの旅行記で書いた、

「後日書きます」については、

今年いっぱいかけて、ぼちぼち

書いていきたいと思います。

 

さて、次なる旅路はどこになるでしょうか?

では、また〜

 

世界街道をゆく:英国(8)ロンドン塔、金融街シティ、帝国戦争博物館、バッキンガム宮殿

こんにちは、shulinkです。

 

今日のお昼休み、本屋さんに行ったら、

来年の手帳の陳列作業をしていました。

気が早いですね〜

 

さて、こちらはゆるりと、

英国旅行記の続きです。

 

9/2(土)、

観光としては最終日となります。

 

朝、ホテルの部屋で、今までに買った

チーズやクロテッドクリームをパンに

つけて食べました。

10時頃、チェックアウトして、

大きな荷物をホテルに預けて、

Paddington Stationでヒースロー空港

までの切符を購入。

それから、マクドに入って、

さこりさんが仕事のためにパソコンの

フリーWiFiを設定(約10分)。

 

そして、最後のロンドン観光に出掛けました。

 

地下鉄(Circle line)に乗って、

Paddington StationからTower Hill Stationへ

 

12:15〜12:30

ロンドン塔(Tower of London):外観のみ見学

f:id:sakolishu:20171005080059j:plain

右の、三角の建物は、シャード(The Shard)。

高さ310mあり英国で最も高い建築物です。

 

次の目的地へ10分ほど歩いて、

 

12:45〜13:10

金融街シティ(City)を散策

このエリアはロンドン発祥の地で、

1世紀にローマ人が城塞都市を建設

したのがその起源らしいです。

まずは、保険会社ロイズ・オブ・ロンドン(Lloyd's of London)

f:id:sakolishu:20171005080117j:plain

むき出しのエレベーターがいいです。

こちらは近くのマーケット

f:id:sakolishu:20171005080132j:plain

パブなどレストランがいっぱいですが、

土曜なので、金融街も休みだから、

閉まっているお店が多かったです。

そして、シティの中心、

イングランド銀行(Bank of England)

f:id:sakolishu:20171005080147j:plain

併設されている、

イングランド銀行博物館(Bank of England Museum)

f:id:sakolishu:20171005080206j:plain

こちらも土曜なので、休みでした。

次は、真ん中の8本の円柱をもつ神殿みたいな建物が、

旧王立取引所(Royal Exchange)です。

f:id:sakolishu:20171005080222j:plain

かつては、ロンドンの金融取引の中心地でしたが、

今は宝石店などが入っています。

 

そして、次の目的地へ

地下鉄に乗って、

Bank StationからWaterloo Stationを経由して、

Lambeth North Stationへ

 

14:00〜15:00

帝国戦争博物館(Imperial War Museum)を見学

f:id:sakolishu:20171005080239j:plain

こちらの詳細は後日書きます。

 

そして、また地下鉄に乗って、

Lambeth North StationからVictoria Stationへ

 

そういえば、あまりメジャーな観光地に

行ってないなあと思い、時間もなくなって

きたので、最後に選んだのは、こちら・・・

 

バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)

f:id:sakolishu:20171005080258j:plain

15:30〜15:45で外観のみ見学

f:id:sakolishu:20171005080314p:plain

すごい門ですね〜

f:id:sakolishu:20171005080339j:plain

 

これで、観光はすべて終わりましたが、

旅行記はあと1回あります。

 

つつ・・く〜

 

世界街道をゆく:英国(7)テムズ川クルーズ、グリニッジ、ケーブルカー、ボロウ・マーケット

こんにちは、shulinkです。

 

英国旅行記の続きです。

 

9/1(金)は終日、

ロンドン観光をしました。

 

朝10時頃、ホテルを出発して

地下鉄(Bakerloo line)に乗って、

Paddington Station→Enbankment Station

そこから徒歩2、3分のところにある、

テムズ川の船着き場Enbankment pierへ

f:id:sakolishu:20171004070753j:plain

この船に乗って、テムズ川クルーズをします。

料金は、地下鉄と同じくオイスターカード(Oyster card)

で払えます。こちらがその改札口です。

f:id:sakolishu:20171004070815j:plain

ビッグベンを後方に見ながら、出発です。

f:id:sakolishu:20171004070830j:plain

そして、タワーブリッジを抜けると、そこは・・・

f:id:sakolishu:20171004070847j:plain

グリニッジの船着き場(Greenwich pier)だった。

テムズ川クルーズについては、また詳しく書きます。

f:id:sakolishu:20171004070905j:plain

グリニッジ・マーケットを見学し、

f:id:sakolishu:20171004070922j:plain

12:00〜13:00、昼食:近くのカフェでクリームティでした。

詳細は、さこりさんが書きます。

 

そして、次の目的地へ行くために、

グリニッジ・パーク(Greenwich Park)を散策

f:id:sakolishu:20171004070940j:plain

木々の向こうに見えるものは?

f:id:sakolishu:20171004071002j:plain

世界遺産グリニッジ天文台(Old Royal Observatory)でした。

f:id:sakolishu:20171004071018j:plain

ここも、ずっーと見たかったのです。

子午線をまたいでいます。

f:id:sakolishu:20171004071038j:plain

詳細は後日書きます。

 

そして、グリニッジの船着き場の方へ戻り、

帆船カティー・サーク号の横を通り過ぎ、

f:id:sakolishu:20171004071059j:plain

 

次の目的地のため、船で、

North Greenwich pierへ

f:id:sakolishu:20171004071129j:plain

 

次は、これに乗ります。

f:id:sakolishu:20171004071201j:plain

テムズ川を横断し、両岸を結ぶケーブルカー、

エミレーツ・エア・ラインです。

f:id:sakolishu:20171004071217j:plain

こちらも、オイスターカードで払えます。

ケーブルカーの改札口

f:id:sakolishu:20171004071243j:plain

1グループで1台使えるようです。

ボクらも2人で乗りました。

f:id:sakolishu:20171004071308j:plain

高さ90mからの眺め、最高ですね〜

f:id:sakolishu:20171004071324j:plain

 

ケーブルカーを降りたら、

最寄りの駅Royal Victoria Stationから

Docklands Light Railで

London Bridge Stationへ移動(16:00〜16:20)

 

16:30〜17:30 ボロウ・マーケット(Borough Market)散策

f:id:sakolishu:20171004071341j:plain

金曜なので、仕事を早めに切り上げた人たちが

パブで一杯やってます。

こちらの詳細は、さこりさんが書きますよー

 

そして、いったんホテルに戻り、

夕食は近くのインド料理屋さんでした。

 

つつ・・く〜

 

世界街道をゆく:英国(6)コッツウォルズ日帰り観光ツアー

こんにちは、shulinkです。

 

英国旅行記の続きです。

 

コッツウォルズをバスで巡る

観光ツアーに参加しました。

こちらも日本で予約しました。

 

コッツウォルズ(Cotswolds)は、

「羊小屋のある丘」という意味で、

美しい村が点在する地方です。

その名の通り、のどかな風景が

広がってます。

 

8/31(木)

まずは、ロンドンのホテルを出発して

地下鉄に乗ります。

07:22 Paddington Station

 Circle line(Barbican bound)

07:36 Victoria Station

08:00 National Railの一番線改札口に集合

 

20人ほどの参加者と一緒に、バスで出発。

約2時間でコッツウォルズに到着しました。

ここから、4つの村をバスで巡ります。

 

1つ目の村、バーフォード(Burford)を散策

10:15〜10:55

華やかな感じでスタートです。

f:id:sakolishu:20171003072513j:plain

坂の町になってます。

f:id:sakolishu:20171003072537j:plain

青空とレンガ作りのお店がキレイです。

f:id:sakolishu:20171003072600j:plain

ちょっとした路地裏も風情がありますな〜

f:id:sakolishu:20171003072618j:plain

 

2つ目の村、バイブリー(Bibury)を散策

11:30〜12:20

こちらは、もっと田舎な感じで、

芸術家のウィリアム・モリス

イングランドで最も美しい村」と称えた場所です。

f:id:sakolishu:20171003072640j:plain

伝統的な家屋が並んでます。

f:id:sakolishu:20171003072701j:plain

緑に囲まれた遊歩道もいいですねー

f:id:sakolishu:20171003072727j:plain

石をきれいに積み上げた壁が絵になります。

f:id:sakolishu:20171003072744j:plain

 

12時半頃、バスで移動中

突然、大きな雲が現れ、激しい雨になりました。

10〜20分くらい降り続きました。

f:id:sakolishu:20171003072807j:plain

英国の天気は変わりやすいようで、

また、雨もよく降るそうです。

今回の旅行の8月末は日本のように気温も高くなく、

雨もそんなに降らずに、過ごしやすく幸運でした。

この雨も次の村に着く頃には、上がっていました。

 

3つ目の村、ボートン・オン・ザ・ウォーターを散策

(Bourton-on-the-Water)

12:45〜14:15

まずは、村のパブで昼食です。

f:id:sakolishu:20171003072829j:plain

この村の中心には川が流れていて、

コッツウォルズヴェネツィア

と呼ばれています。

ヴェネツィアって、銀座と同様、至る所にありますね〜

f:id:sakolishu:20171003072849j:plain

それにしても、

近くに水が流れているのって気持ちがいいです。

f:id:sakolishu:20171003072909j:plain

小川の近くの家、木々に囲まれているの、いいですねー

この木々が果樹だったら、最高ですね〜

f:id:sakolishu:20171003072935j:plain

垣根と石壁の細い道

f:id:sakolishu:20171003072952j:plain

 

4つ目の村、ブロードウェイ(Broadway)を散策

14:50〜15:35

コッツウォルズの宝石」と呼ばれる美しい町です。

f:id:sakolishu:20171003073011j:plain

ちなみに、どの町にも、

HIGH STREETという通りがありますが、

これは、町の一番の大通りであることが多いです。

ハチミツ色の建物がきれいです。

f:id:sakolishu:20171003073039j:plain

瓶詰めのチョコレートが並んだお店

f:id:sakolishu:20171003073057j:plain

古風なホテルです。

f:id:sakolishu:20171003073116j:plain

 

今回、コッツウォルズを南から北へ、

4つの村を巡ったのですが、

ガイドさんの話では、その村の建物の

レンガの色が、南から北へ行くに従い、

濃くなるそうです。

これは、この地方で採れる石灰岩

種類により、そのレンガの色も変わる

からだそうです。

そういう風に、自然に出てくる地方色って、

いいなぁと思います。

 

そして、また、長々とバスで揺られながら、

ロンドンに戻りました。

そして、夕食は、またまた、

ホテル近くのパブで飲みましたー

 

つつ・・く〜

 

祝!ブログ開始1周年、めでてーな〜

こんにちは、shulinkです。

 

昨日は、横浜みなとみらいを散策し、

福富町まで行き、そこの韓国料理屋さん

「豚ママ」で夜ごはんを食べました。

 

まずは、やかんに入った生マッコリで乾杯。

f:id:sakolishu:20171002000028j:plain

サムギョプサル。豚が焼けてるぅ〜

f:id:sakolishu:20171002000043j:plain

初めて食べた、エゴマチヂミ

f:id:sakolishu:20171002000102j:plain

ラポッキ:トッポギとラーメンの辛炒め

f:id:sakolishu:20171002000119j:plain

 

そして、さらに次のお店へ

徒歩数分のところにあった、

ブリティッシュパブ「フルモンティ」で飲みました。

樽生サイダー(シードル)

f:id:sakolishu:20171002000143j:plain

店内はまさに英国パブ、欧米人が大半でした。

f:id:sakolishu:20171002000150j:plain

 

そして、今日は自宅で、

秋のチーズ、パン、スイーツ祭り!

まーつりだー、まーつりだー

f:id:sakolishu:20171002000205j:plain

2夜連続の祭りでしたぁ〜

 

本日でブログを開始してから、

ちょうど1年が経ちました。

よく続きましたね〜

 

これからも、さこりさんと切磋琢磨しながら、

研究していきたいと思います。

意識高い系にはなりませんけどね。。。

 

では今後とも、よろしくお願いします。

 

世界街道をゆく:英国(5)ウィンザー城〜バース〜ストーンヘンジ

こんにちは、shulinkです。

 

英国旅行記の続きです。

 

ウィンザー城〜バース〜ストーンヘンジ

バスで巡る観光ツアーに参加しました。

こちらも日本で予約しました。

 

8/30(水)

ホテルを出発して地下鉄に乗って、

07:32 Paddington Station

 Circle line(Hammersmith bound)

07:47 Victoria Station

 徒歩8分

07:55 Victoria Coarch Station

08:00 ツアー会社前に集合

 ここから、3、40人くらいで

1台のバスに乗って、ロンドンを出発です。

 

09:50〜11:20

ウィンザー城(Windsor Castle)を見学

f:id:sakolishu:20171001105052j:plain

現在でも、英国王室の宮殿として使われています。

f:id:sakolishu:20171001105112j:plain

内部は、豪華な調度品や絵画でいっぱいです。

残念ながら撮影禁止でした。

f:id:sakolishu:20171001105127j:plain

衛兵がいます。

f:id:sakolishu:20171001105142j:plain

衛兵交代式です。

f:id:sakolishu:20171001105157j:plain

ジョージ礼拝堂(St Gerorge's Chapel)

f:id:sakolishu:20171001105212j:plain

 

次の目的地へバスで揺られます。

2時間くらいかかりました。

このバスの中で配られたランチ(サンドイッチ)を食べます。

 

13:30〜15:00

温泉の町バース(Bath)を散策

世界遺産ローマン・バス(The Roman Baths)博物館を見学

f:id:sakolishu:20171001105234j:plain

この大浴場は紀元前1世紀にローマ人によって建てられました。

f:id:sakolishu:20171001105249j:plain

温泉水を飲んでみました。

f:id:sakolishu:20171001105304j:plain

マズい!と一瞬思ったけど、そうでもなかったです。

世界遺産バース・アビー(Bath Abbey)という教会です。

f:id:sakolishu:20171001105319j:plain

バース市街に川があり、遊歩道も気持ち良かったです。

f:id:sakolishu:20171001105347j:plain

遊覧船にも乗れるみたいです。

f:id:sakolishu:20171001105409j:plain

 

そして、遂に、今回の最終目的地へ

世界遺産ストーンヘンジ(Stonehenge)

f:id:sakolishu:20171001105434p:plain

16:30〜17:30 近くまで行って、見学しました。

f:id:sakolishu:20171001105500j:plain

探し求めていた、古代の遺跡が、今、目の前に!

これ、ずっーと見たかったのです。

詳しくはまた書きます。

 

そして、また、長々とバスに揺られながら、

19時半頃、ロンドンに着きました。

夕食は、Paddington Stationの駅ビルにある

パブで飲みましたー

 

つつ・・く〜