古今東西、一宿一飯。

古今東西の食べ物、料理を、その土地で味わいたい! 自分で作って食べてみたい!

お気に入りの本「森の生活」からの引用(2)自由度の高い職業とは?

こんにちは、shulinkです。

 

11/23は、勤労感謝の日でもあり、

アメリカでは、11月第4木曜日に祝う

感謝祭(Thanksgiving)があり、今年は

偶然にも同じ日になっています。また、

七面鳥の日(Turkey Day)とも呼ぶそうです。

七面鳥、食べてみたいなぁ〜

 

さて、以前に紹介した本「森の生活」からの引用です。

 

isshukuippan.hatenablog.jp

 

岩波文庫版「森の生活〜ウォールデン(上)」

からの引用(p126)

「日雇い仕事こそ、とりわけ独立性の高い

 職業であることを知った。なにしろ、

 年に三、四十日も働けば暮らしていかれる

 のだから。労働者の一日は日没とともに

 終わり、あとは労働から解放されて、自分

 の仕事に没頭できる。ところが雇い主の

 ほうは、来る月も来る月も経営に腐心し、

 一年じゅう息つく暇もないのである。」

 

経営者でもなくても、

常にスケジュールを気にしながら、

働く必要がある人が多いと思います。

チームリーダーともなれば、何ヶ月単位

でプロジェクトの計画を立てたりとか、

下っ端でも、今週までには自分の仕事を

終わらせないといけないとか、

・・・

これは、強制的に経営に参加させられて

いるとも言えます。それが、自分の成長に

なるんだと教育されながら。

エリートサラリーマンも大変です。

そんな大変な人たちから、さらに税金を

取ろうと国は検討しているようですね。

給与所得控除の見直しというやつです。

反対に、中所得以下の会社員と自営業者

は減税になるようです。

 

もし、税金のかけ方によって、

国民を教育しているのだとしたら、

国は「あまり働くな」と言っているのかな?

 

なんにしても、あまり時間に縛られない

働き方をしたいものです。

 

例えば、自分の仕事が終わっても、

定時にならないと帰れないとか。

ほとんどの会社が採用している、

この制度を廃止しようとする動き

はないですかね?

早く帰れるというインセンティブが

あれば、みんな効率的に働いて、

企業にとってもメリットがあると思うけど。

 

そして、さらに、この働き方を発展させて、

日雇いSE(システムエンジニア)という

職業を作れないかなと秘かな野望があります。

 

では、また〜

 

くるみを手で割る

こんにちは、shulinkです。

 

先日、中国のお土産で、またまた、

くるみを大量に頂きました。

どっす〜ん。

f:id:sakolishu:20171121091344j:plain

中国の杭州特産の核桃(くるみ、胡桃)です。

 

以前にも、頂いたことがあり、

以下の記事のようにして食べました。

 

isshukuippan.hatenablog.jp

 

今回のくるみは、甘く味付けされていて、

殻付きですが、手で割れそうな感じなので、

挑戦してみました。

f:id:sakolishu:20171121091401j:plain

まず、くるみの殻の割れ目を

親指の腹で強く押します。

f:id:sakolishu:20171121091417j:plain

そして、殻が開いて、割れ目が広がったら、

f:id:sakolishu:20171121091446j:plain

すかさず、殻の割れ目に爪を立てて、

f:id:sakolishu:20171121091459j:plain

殻を左右に開いて、

f:id:sakolishu:20171121091521j:plain

パカっと、取り出したら、

f:id:sakolishu:20171121091546j:plain

こんなにキレイな半球形になりました。

f:id:sakolishu:20171121091602j:plain

 

1個1個取り出して、食べるのも美味しいのですが、

大量にあるので、そのうち、くるみケーキにしてみよう

と思ってます。

 

では、また〜

 

ぬか漬け(1)始めました。

こんにちは、shulinkです。

 

ぬか漬けは大好物なのですが、お店で

買うと、野菜の種類が決まってしまう

のが不満でした。好きな野菜、旬の野菜

で食べてみたいとずっと思っていたので、

最近、ぬか漬けを自分で漬けてみました。

 

やったことは、

スーパーで買ってきた、ぬか床の袋に、

皮をむかずに切っただけの野菜を入れて、

1日(24時間)くらい冷蔵庫で寝かす

だけです。

人参と茄子で作りましたが、どちらも

売り物より美味しかったのです。ちょっと

塩辛かったですが。。。

 

こちらは、カブと人参です。

f:id:sakolishu:20171118114857j:plain

ちょっと遊んでみました。

もうそろそろ、「まっかなおはな〜の・・・」

の季節ですね〜

目の黒い部分は海苔を使ってます。

ぬか床に他の食材を混ぜて、アレンジ

するのも楽しそうです。

 

タッパーは扱いやすく、便利です。

f:id:sakolishu:20171118114912j:plain

袋で買ってきた、ぬか床を

タッパーに移して使ってます。

野菜の出し入れがしやすく、

中の状態が見れるのがいいです。

 

これから、色んな季節の野菜で、

ぬか漬けを作るのが楽しみです。

 

つつ・・く〜

 

野毛で、3軒、はしご酒〜

こんにちは、shulinkです。

 

先週の火曜、退社後、

横浜の野毛へ飲みに行きましたー

前回は、こちら。

 

isshukuippan.hatenablog.jp

 

まずは、体を温めるために、、、

おでん屋さん「いわき」

f:id:sakolishu:20171111210550j:plain

おでん(大根、豆腐、野菜袋)と熱燗

f:id:sakolishu:20171111210604j:plain

カウンターに並んだ、お惣菜(ニシン煮付、明太こんにゃく)

f:id:sakolishu:20171111210617j:plain

おでん(卵、こんにゃく、きんぴらゴボウ揚げ、はんぺん)

f:id:sakolishu:20171111210631j:plain

おでん(力(モチ)袋、すじ(魚軟骨))

f:id:sakolishu:20171111210649j:plain

お惣菜(生海苔、里芋煮)

f:id:sakolishu:20171111210703j:plain

 

さぁ、温まったところで、

次、行きましょ、次、行きましょー

くじら料理、ふぐ料理の「大門」

f:id:sakolishu:20171111210815j:plain

赤貝刺身

f:id:sakolishu:20171111210851j:plain

ふぐ白子

f:id:sakolishu:20171111210914j:plain

鯨刺身

f:id:sakolishu:20171111210939j:plain

鯨テキ(ステーキ)

f:id:sakolishu:20171111210958j:plain

油淋鯨(ゆうりんげい)

f:id:sakolishu:20171111211013j:plain

こちらの鯨は、全部ミンククジラでした。

 

そして、そして、

もう1軒行こ、もう1軒〜

3軒目は、国産のシードルとビールが飲める、

「Noge West End」

シードル(サイダー)、大好きです。

f:id:sakolishu:20171111211033j:plain

シードルは5、6種類から選べました。

好みの辛口で、美味しい〜

f:id:sakolishu:20171111211052j:plain

テートゥ・ドゥ・モアンヌという、

セミハードチーズ。

f:id:sakolishu:20171111211110j:plain

薄くスライスすることで、口に含んだ時、

味も香りも濃厚に広がります。

ちなみに、本日11/11はチーズの日

雲丹の海苔包み揚げ

f:id:sakolishu:20171111211134j:plain

2杯目のシードル

f:id:sakolishu:20171111211217j:plain

さこりさんは、おびーるも好きなので、

ビアへるん/メロウボック(島根)という、

ラガービール

f:id:sakolishu:20171111211235j:plain

シメは、汁なし担々麺

f:id:sakolishu:20171111211350j:plain

 

3軒、ちょこっとずつ回ったので、

飲み過ぎず食べ過ぎず、余は満足じゃー

それと、すっごい解放感でした。

でも、まだまだ行きたいお店があるので、

近いうちに、再び野毛を訪れることでしょう。

 

では、また〜

 

ハロウィン?よく分からんけど、とにかく祭りじゃー

こんにちは、shulinkです。

 

本日10/31はハロウィン。

仮装してパーティー行かなくちゃ!

f:id:sakolishu:20171029190851j:image

 

このハロウィン、元々は、古代ケルト人の収穫祭で、

10/31には、夏が終わり、冬が始まる時期に備える

意味合いがあるそうです。

また、仮装するのは、この時期に現れる悪霊や魔女

たちから身を守るという意味があったようです。

 

昨日は、前夜祭ということで、

f:id:sakolishu:20171031072547j:plain

スイーツいっぱい〜

 

今日は、今年一番の冷え込みらしいので、

もう冬が始まったようです。

ということは、

今日は飲めや唄えやのどんちゃん騒ぎで、

明日から冬眠かな?

 

では、また〜

 

鯨はお肉なのか?お魚なのか?

こんにちは、shulinkです。

 

本日は29日、毎月恒例のお肉の日です。

今回は、こちらの記事の、

 

isshukuippan.hatenablog.jp

 

 

isshukuippan.hatenablog.jp

 鯨三昧旅行のお土産を食べました。

 

鯨ハム

f:id:sakolishu:20171030071141j:plain

オニオンスライスとマヨネーズを添えて

f:id:sakolishu:20171030101238j:plain

 

ほんのり生臭いのが、

臭いもの好きにはたまらないでしょうね。

オニオンの辛味とマヨネーズの酸味が

うまく合います。

 

さて、ここで、

鯨はお肉なのか?お魚なのか?

という疑問が浮かびます。

 

現代人の基準では、鯨は哺乳類だから、

お肉ということになるけど、

鯨は魚へんだし、、、

一概に言えないのではと思います。

ということで、

これからも調査研究していきます。

 

では、また〜

 

紀伊半島横断旅行記(5)太地町でさらに、くじら料理三昧

こんにちは。さこりです。

和歌山県の、日本を代表する捕鯨基地

太地町に訪れた私たち。

 

最初の夜に泊まった

いさなの宿白鯨にてまずくじらフルコースをいただいたのは

前回の記事の通り。

太地町でのルートはshulinkさんのこちらの記事が詳しいです。

 

白鯨の海の見える部屋に宿泊し、

f:id:sakolishu:20171029122906j:plain

一夜明けてその日のお昼のこと。

 

くじらの博物館は、ありがたいことに再入場可能だったので

見学途中でいったんランチタイムにすることに。

 

こんな気持ちのいい海沿いの道を歩いて…

f:id:sakolishu:20171029123339j:plain

前日にリサーチしておいた「しっぽ」というお店へ。

f:id:sakolishu:20171029123459j:plain

 

こちらもまた海の見える窓際の席に座り

メニューを開けばくじら料理がズラリ。

食べたことのないものを中心にオーダーしました。

 

まずこちらが、ミンクくじらのお造り。

f:id:sakolishu:20171029123941j:plainやっぱり脂たっぷりの皮部分と一緒に食べるのが最高。

 

そして、こちら初めての

くじらのほねはぎ。

f:id:sakolishu:20171029124216j:plain

ゴンドくじらの骨のまわりの肉をゆでたもの。

くじら肉の旨味をシンプルに味わえる小鉢。これはおすすめ。

 

そして、くじらカツ。

f:id:sakolishu:20171029124415j:plain

こちらも、竜田揚げや佃煮(大和煮とか)のような

調味料に漬け込む系、煮込む系とは異なり

くじら肉本来の味をシンプルに味わえる料理の一つ。

ソースをつけずに、塩胡椒のみで食べるとなおよし◎

 

で、こちらもはじめて!

くじらの生姜焼き。

f:id:sakolishu:20171029124634j:plain

考えてみれば、

昔はくじらが日本人の主要なたんぱく源だったのだから

「生姜焼き」というド定番の家庭料理に使われるのが

くじら肉であってもなんらおかしくないわけで。

もちろん美味。

くじら肉は歯ごたえがあるから、

普通の生姜焼きよりも満足感アップのような。

 

そして!店内に置かれた小さな黒板

「本日のおすすめ」に目をやると…いるか刺身。

f:id:sakolishu:20171029125138j:plain

もちろん再びオーダー。

 

満腹で店を後にして

その後は再びくじらの博物館でお勉強。

そして太地町から離れる前に…

博物館前のちょっとしたお食事処「竹とんぼ」にて

f:id:sakolishu:20171029125520j:plain

くじらの刺身

f:id:sakolishu:20171029125540j:plain

くじらの串カツ

f:id:sakolishu:20171029125607j:plain

 

まさに2日間くじら三昧で船に乗って帰路につきました。

 

くじらを食べるということは、

捕鯨に賛成するということ。

とはいえ、賛成するのならば

相応の意見を持っていたいと思うから

勉強は続けるのでした。

 

次回は、shulinkさんがまたくじらについて

書いてくれることでしょう〜