読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古今東西、一宿一飯。

古今東西の食べ物、料理を、その土地で味わいたい! 自分で作って食べてみたい!

大久保ネパール料理「MOMO」でスパイス料理尽くし。

こんにちは。さこりです。

 

12月も、もう19日…!?

 

ということで、

今年の東西食べ歩きもラストスパートです。

行きたい店リスト上位にあった

大久保のネパール料理MOMOに。

 

店は、新大久保駅の近く、

人通りの多い大久保通りを

路地に入った小さな雑居ビルの2階に。

店に入ると、ネパール?外国の方が半分以上。

 

頼んだものを一気にいきましょう。

 

まずは野菜から。

ネパールサラダ

スティック野菜にシンプルにクミンをぱらり。

f:id:sakolishu:20161219224530j:plain

 

アルムラアチャル

ネパール風漬物の盛り合わせ。

酸味の効いた…カレー味マリネといいますか。

f:id:sakolishu:20161219224605j:plain

アチャル、はインド料理の「アチャール」のことかな?

 

ほうれん草炒め

にんにくたっぷり、よく効いてます。

f:id:sakolishu:20161219224816j:plain

ほうれんそうをしっかり炒めるのもインド料理を思い出させる。

 

店名そのまま、

モモ!

スパイスの効いたネパール風の蒸し餃子。

f:id:sakolishu:20161219224833j:plain

タネは鶏ミンチ。

噛めば肉汁がじゅわり、で

中華料理の小籠包を思い出させます。形も。

 

まだまだいきますよ〜

 

メニューを見て「山羊が食べられるー!」

ということで、

フライド山羊肉!

f:id:sakolishu:20161219224849j:plain

これが山羊肉のクセとスパイスが絶妙にマッチしていて

美味しくって…追加でボイルド山羊肉もオーダー。

f:id:sakolishu:20161219224903j:plain

でお肉をもう一皿。

ティムルチキン。

山椒の効いたチキンの炒めもの。

f:id:sakolishu:20161219224926j:plain

刺激続きでまったり卵焼きが食べたーい、と。

マサラオムレツ。いや、こちらもスパイシーですけれど。

f:id:sakolishu:20161219225021j:plain

さあさあ、

そろそろ締めに向かっていきましょう。

 

ベジチャウミン

野菜の焼きそば。麺は細めの中華麺かな。

f:id:sakolishu:20161219225005j:plain

 

カレーを2種類。

一つ目は、アルボディタマカレー。

具は、じゃがいも、ササゲ豆、たけのこ。

たけのこの香りが効いてます。

f:id:sakolishu:20161219225044j:plain

スパイスの刺激続きで

やさしいやつ、やさしいやつを…と二つ目はダルカレー。豆ですね。

f:id:sakolishu:20161219225106j:plain

こちらを

ナンと違って発酵させないロティと

チャパティみたい)

f:id:sakolishu:20161219225220j:plain

これ「チウラ」!

干し飯(ほしいい)なのです。

f:id:sakolishu:20161219225245j:plain

干し飯といえば、私は、、、

国語の教科書で読んだ戦時中の物語

「ちいちゃんのかげおくり」を思い出すのだけど…

f:id:sakolishu:20161219225338j:plain

これは、半蒸しの玄米を乾かして、

臼や脱穀機で平らにつぶしたもの。

 

なんだろう・・・そうだ、甘くない「ポン菓子」!

これが一番近いかな。

スプーンですくってサクサク食べられるのだけど、

これを、皿の上でカレーと混ぜて食べるのです。

 

以上。最後に、ネパールティーで〆。

これはチャイですね。

f:id:sakolishu:20161219225155j:plain

 

 

南アジア、ネパールは

北は中国チベット自治区

東・西・南はインドに接した国。

ということで、その料理も

両方の影響を受けているのかな〜

 

ちなみに、これを書きながら

料理を思い起こして?

顔の毛穴が開いてじんわり汗をかいてきた。

スパイスの効用、すごい…。