読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古今東西、一宿一飯。

古今東西の食べ物、料理を、その土地で味わいたい! 自分で作って食べてみたい!

住んだ部屋と住んだ目的

shulink 街・村、建築

こんにちは、shulinkです。

 

2月頃になると、

変に感傷的になります。

学生生活が終わって、一人暮らしを始め、

東京で働き出した頃が、たまらなく懐かしくなるのです。

この時期、ちょっと暖かくなり始めるのも関係する

のかもしれませんね。

 

上京してから、引っ越しをしたことはなくて、

同じアパートに住んでいるんですが、

部屋は1K(6.5畳)でユニットバス。

1階の角部屋で窓が2つあるのが気に入ってます。

 

まだ先ですが、引っ越しをする予定なので、

最近、部屋の中を整理している最中です。

そんなことをしていると、昔のことを思い出して、

さらにセンチメンタルになってきます。

片づけをしながら、日記を読んじゃったりする

からなんですが・・・

 

最初、一人暮らしを始める時、

とにかくシンプルな部屋にしようと思って、

テレビや家具を置かないようにしました。

友達が来た時、「生活感がないね~」と

言われたこともありましたね。

 

お気に入りの本「森の生活」の一節に、

こんなのがあります。

「きわめて無気力で病的な社会においては

 生活必需品とみなされているものが、

 別の社会では単なる贅沢品となり、

 さらにほかの社会では、まだその存在すら

 まったく知られていない、

 といったことがあるのだ。」

 

最初に、テレビは観ないでおこうと決め、

3年くらいテレビを持ってたこともありましたが、

今はもうずーとテレビは観てないです。

やっぱり、だらだらと観てしまう時間が

もったいないなあと思っていたので。

そして、空いた時間と静かな環境で、

読書と思索に集中しようと思ってましたが、

そんなには捗らなかった・・・

大学院で、やっぱり研究に向いてないと思い、

普通に就職した時に思い知ったことを改めて

感じた次第です。

だから、今は、

「書を捨てて街に出よう」

という気分かな?

 

f:id:sakolishu:20170206084716j:plain

近所に小高い丘があって、よく散歩するのですが、

そこからの夕焼け(昨年10月頃)です。

次の部屋でも、こんなキレイな景色が見れるといいですね。

 

では、また~